チャート力学VSのご案内

2:チャート力学VS ──[1] チャート力学VSとは?

チャート力学の情報は全4ページです。下の[1]~[4]で各ページに移動します。

[1] [2] [3] [4]  

プロ仕様のチャートソフト「チャート力学VS」

「チャート力学VS」は、証券会社の提供する無料のチャートでは不可能な、高度なテクニカル分析、実戦的な売買システムの構築・検証を可能にする、プロ仕様のチャートソフトです。

チャート力学

 テクニカル指標を使った分析、複数のチャートを表示したチャートの多角的な分析、株価が狙った値段になったとき、場中に教えてくれる、上(下)限監視線など、実戦的なトレーディングや、テクニカル分析を可能にする機能、本格的な売買システムの構築、検証機能まで、投資家が望む、あらゆる機能を搭載した、プロ用チャートソフトです。

2011年1月 タブレットPCプリインストール版 発売開始

タブレットPC上のチャート力学

 2011年1月に、タブレット型パソコンにプリインストールした「チャート力学VS」を発売します。

 外出時にバッグに入れて携帯し、外出先で株価をチェックしたり、カフェでくつろぎながら売買システムのアイデアを練ったり、トレード仲間といっしょにチャートを見ながら、株価の動向を検討するなど、今までとは、まったく違ったスタイルの使い方が可能になります。
 対応するのは、ONKYO製のWindows 7 搭載、スレート型PCシリーズ。
 現在は、タブレットPCの発売を待っていますが、このあと、動作確認ができしだい、発売を開始します。(上のイラストはイメージです。)

最新版をリリース! Windows 7 に完全対応しました

「チャート力学VS」は、2010年10月に最新版(Ver.3.2)をリリース。
 Windows 7 に完全対応しました。

新規上場、売買単位変更などの情報を、ほぼ即日更新

 日本株の世界では、日々、新規上場、上場廃止、売買単位変更、商号変更などのイベントがあります。
 実戦的なチャートソフトは、こうした変化に、なるべく早く対応しなければなりません。
 今回のバージョンアップで、従来、時間がかかっていた、情報更新が、ほぼ即日更新となりました。

新しい歩み値、制限値幅も反映しています

 新しい歩み値、制限値幅などにも対応。
 もちろん、

  • 美しいチャート画面
  • 豊富なテクニカル指標
  • 柔軟なチャート表示
  • トレンドライン、メモ、予想ロウソク足の描画などの分析機能

 は、従来のまま。今回のバージョンアップでは、プログラム細部の入念な調整も行いました。

 ◇ご注意◇

 現在、小数点以下の株価には非対応です。(切り捨て処理。)
 小数点以下の株価に対応するためには、プログラムの全面改定が必要であるため実施が困難であること、小数点以下の株価を反映してもチャート表示にはほとんど影響がなく、スクリーニングや売買システム構築への影響も無視できるレベルであると考えていることが非対応の理由です。

「チャート力学VS」体験セミナー実施中

「チャート力学VS」の実力を体感できる、「チャート力学VS」体験セミナーを、随時実施しています。
 体験セミナーは、開発者の長谷川雅一が、マンツーマンで行います。

チャート力学の旧ホームページのご案内

 旧ホームページには、より詳しい情報も掲載されています。参考にしてください。

チャート力学の情報は全4ページです。下の[1]~[4]でページ選択できます。

[1] [2] [3] [4]  

■ プレコオンラインへのお問い合わせは…
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第123号 株式会社プレコオンライン
電話:0573-25-9600(土日祭日含む朝10時~夜10時まで電話受付)